高血圧とイライラとテレビについて

最近ではテレビや雑誌などのメディアでも高血圧という症状が取り上げられることがかなり増えてきました。テレビなどで注目されている高血圧は生活習慣病の一つとされており、乱れた生活習慣が大きな原因です。ちょっとしたことでイライラしたり、緊張したりしてしまう人もいるかもしれません。もしかしたら気付かないうちに高血圧になっている場合もあるため、ちょっとした異変を感じたらすぐに病院で診断を受けると良いでしょう。妊娠は女性の大半が経験することなのですが、出産の時に血圧が高いと診断されることがあります。高カロリーな物を食べると血圧が上がりやすいため、普段から血圧が高いと感じている人は注意しましょう。体に負担がかかると血圧が上がってしまうことはもちろん、血流が多くなって動悸や息切れが起きやすくなってしまいます。高血圧というと年齢を重ねた人がなりやすいと考えている人も多いのですが、最近では若い人でも増えてきています。イライラしないためにはストレスを溜めないことが大切なのですが、バランスの取れた食生活や適度な運動を心がけることにより、血圧を下げる効果が期待できます。ちょっとしたことでイライラしてしまうという場合、テレビなどでよく見かける高血圧になっているかもしれません。イライラが続いて体の異変に気付いたら、すぐに治療を受けないと手遅れになってしまうこともあります。症状が深刻でないなら改善できることも多いため、別の病気になってしまう前に治療を受けた方が良いでしょう。高血圧を治すためにはドクターの指示通りの治療をきちんと受けることが大切であり、それによって重い症状になってしまうのを防ぐことができるのです。

高血圧でラーメンを食べるときは野菜多く汁は残す

寒い日は、温かい汁物を食べて体を温めたくなることが増えます。しかし、「ラーメンやうどんなどの麺類は、塩分が多いと言われているしなあ。どうしよう」と高血圧の人は迷うことでしょう。

できればラーメンやうどんは、塩分が多く糖質に偏りやすいので控えたいメニューですが、食べたいのを我慢してイライラしてしまうくらいなら、上手に食べるほうが賢明だとも考えられます。

高血圧の人がラーメンを食べるときは、野菜の多いチャンポン麺などにして、汁は残しましょう。

ラーメンの汁には約5g前後の塩分があります。それに加えて脂が溶け出していますのでコレステロールも多いです。
汁は全部飲み干してしまうのではなく、ご自分が摂取しても大丈夫な塩分量を考えて、3分の1だけにするとか味見程度にするなど、一工夫してください。

同じラーメンでも、具がチャーシュー2枚と卵とネギが少々というものよりは、キャベツやもやし、ニンジン、白菜、チンゲンサイ、ヤングコーン、ネギなどの野菜をたっぷりと使ったチャンポン麺などのメニューを選ぶのがベターです。

野菜に多く含まれるカリウムにはナトリウムの排泄を促す作用があります。また、食物繊維はコレステロールを吸収して便として体外に排泄してくれますので、血圧の上昇を抑えることができます。

ワカメも、野菜ではなく海藻ですがカリウムや食物繊維が取れます。
野菜やワカメのトッピングが可能な場合は、トッピングするのも1つの方法です。

体重が多い人は、麺も少し残すのがベターです。
ラーメン1杯のエネルギーは500Kcal前後ですが、そのうちの6割程度は麺のカロリーです。
麺1人前の塩分は0.3g~0.6gほどです。

また、ラーメンとチャーハンのセットは、糖質過剰となるだけではなく塩分も過剰となります。高血圧の人はお勧めできません。
両方食べたい時は半分ずつにするなど、これも一工夫が必要です。

高血圧とネット通販と耳つぼ

最近ではさまざまな薬がネット通販で購入できるようになりました。しかし、ネット通販で薬を購入するという場合、薬に関する正しい知識を身につけておくことが大切です。ネット通販といってもいろいろあるため、信頼できる会社を探してみましょう。高血圧症というと年齢を重ねるごとにかかりやすくなるとされています。しかし、決して高齢者だけがなってしまうわけではなく、最近では20代の患者も増えてきています。高血圧の原因にはいろいろあるのですが、日常生活におけるストレスや食生活、睡眠不足、運動不足などが主に考えられます。高血圧症になっても自覚症状はほとんどないため、治療が遅れてしまうことがありますし、そのまま放置しておくとある日突然脳卒中や心筋梗塞などを引き起こしてしまうこともあるのです。そこで普段から血圧が高めだという場合、自覚症状を見逃さないようにするため、気をつけて生活を送ると良いでしょう。よく見られる自覚症状としては、頭痛やめまい、肩こり、耳鳴りなどが挙げられます。また、進行すると動悸や呼吸困難、むくみ、足の痺れなどが起きてしまうことがありますが、このような症状が出てしまったら注意が必要です。手遅れになる前に血圧を測る習慣をつけることはもちろん、生活習慣を見直して血圧の管理を行っていくと良いでしょう。頭痛などの症状が出てしまった場合、耳つぼを押すことで血圧を下げることができると言われています。耳たぶの上にある軟骨の出っ張った部分のつぼは頭が痛い時に押すものなのですが、このつぼを刺激することで血圧を下げる効果も期待できるでしょう。血圧を下げたい場合、一度に30回程度を一日3回くらい刺激することが大切です。

高血圧になると頻尿になりやすい前兆の場合もある

高血圧は血管に常時、高い負担がかかっている様態のことです。糖尿病や腎症などを引き起こす要因にも認定されている、とてもおそろしく厄介な様態です。血圧に関しては、毎日、きちんと血圧値を計測している人であれば、その変動にも速やかに気がつくことができます。しかしそれ以外の人においては、血圧の変動にはなかなか気がつきにくいのが現状です。高血圧に関しても、目に見えるような初期症状や異変があらわれにくいため、初期の段階では気がつきにくいと言えます。むしろ糖尿病などの合併症状を発症して、初めて高血圧であったことにも気がつくと言うことも珍しくはありません。ただ、高血圧の前兆とも言える症状が全くないのかと言うとそんなことはありません。ですからその前兆を見逃さず、気になることがあった場合には速やかに医療機関を受診することが重要です。高血圧の前兆のひとつとして挙げられるのが頻尿です。頻尿とは文字通り、頻繁に尿をすることを言いますが、ではどれくらいの回数がそれに該当するのかと言うと、日中5回、夜間0~1回が平均的な排尿回数と言われています。そして昼8回、夜間2~3回で合計10回を超えた場合には、頻尿が疑われるとされています。とは言え、これは明確な基準ではありませんから、何となく以前に比べて排尿の回数が増えたとか、水分摂取量は変わらないのに夜間に何度もトイレに行くようになったなどと言う場合は、医療機関に相談した方が良いです。頻尿は、膀胱や男性であれば前立腺の状態、心理状態などが原因で起こることもありますから、全てが全て、高血圧の前兆ととらえられるわけではありません。ただ塩分を過剰に摂取し知らない内に高血圧になっていた場合、体内の余分な塩分を排出するために腎臓で尿が多く作られやすいと言うことができます。そのため前兆として頻尿が出てくることもあると言うわけです。

高血圧症の方は早朝に血管への圧力が強くなるので注意

高血圧症は文字通り血圧が高くなった状態をいいます。具体的には、血圧が140/90mmHg以上になると高血圧症と診断されます。高血圧症は様々な原因によって発症しますが、近年問題となっているのが、食塩摂取過多や高カロリー食といった食生活の問題や食生活や運動不足などから起こるメタボリックシンドロームです。長期的に高血圧状態が継続してしまうと血管壁が傷つき、動脈硬化、血栓塞栓症、動脈瘤、出血などのリスクが高くなってしまいます。よってこれらを未然に防ぐために血圧管理が重要となってきます。
血圧管理をする上で重要なのは血圧の日内変動です。人によっていつ血圧が上がるのかは異なります。夜高くなる人もいれば朝高くなる人もいます。また一日中高血圧を維持する場合もあります。しかし早朝は特に血管への圧力が高くなりやすい時間帯です。その理由としてまず早朝は気温が最も低くなるためです。人の体は寒いと体温を外へ逃がさないようにするため表面積を小さくする傾向にあります。血管は収縮し、なるべく体温を逃がさないようにします。血管が収縮すると当然血管への圧力は高まります。こうして血圧が高くなるのです。また神経の働きも早朝に血管への圧力が高まる要因となります。早朝に起きると交感神経系が優位に働くようになります。そうすると血管は収縮し、さらに心臓からの拍出力が強くなります。そうすると血管壁への圧力は高まってしまうのです。
もし早朝に血圧が高くなりやすい場合には、その時に最も血圧が下がるように薬を服用することが理想的です。つまり就寝前に降圧剤を服用しておくと、早朝に最も効果が現れることが期待できます。
特に冬場の早朝は寒さも厳しくなり脳出血等のリスクも高くなるので血圧コントロールに注意しましょう。

雑学で語られる高血圧に有効な部位

様々な部位に悪影響を及ぼす、高血圧に関与している雑学は多々あります。
それは、日常生活を営む上で、身近過ぎるため気にかけられていない場合もあります。
雑学の一つとして、カテキンがもたらす高血圧に対する良い作用があります。
カテキンという成分は、お茶であれば全ての製品に配合されていますが、配合量には差異があります。
その差異は、茶葉の発酵具合により変化します。
烏龍茶、紅茶は、製品化する段階で茶葉を発酵させるため、配合されているカテキンの量が、少ないと言われています。
しかし、あまり発酵させない茶葉には、豊富に含まれていることがわかっています。
つまり、高血圧を予防するという観点から考えると、緑茶を選んで服用することが好ましいです。
緑茶以外にも、飲用することであらゆる部位の調子が整うお茶があります。
まず、そば茶があります。
そば茶に豊富に含まれているルチンという成分は、ポリフェノールの一種として知られています。
雑学で語られることが多いのが、ルチンには血流を良好にしたり、血管の弾力性を高められるということです。
こうした点から、血管や血流の状態が、高血圧の状態を左右する事案に最適と言えるのです。
杜仲茶も、色々な部位に良い作用をもたらします。
杜仲茶には、他の飲料水には含まれていない成分が含まれています。
この成分を服用すると、副交感神経がメインになるので、リラックスすることができ、血管が広がります。
高血圧の予防はもちろんですが、高血圧が起因となって起こる目眩や痺れ、腰痛や血栓も緩和されます。
そして、近年人気のどくだみ茶も、高血圧の治療に好ましいです。
体内に取り残された塩分を排出させられるので、血圧が低くなるのです。

高血圧になるイライラの原因はテレビにあり?

高血圧になりやすい方は、イライラや不安を抱えている方です。
多少のストレスは誰にでもありますが、過度のイライラや不安、悩みなどを抱えていても健康によくはありません。
これらを解消していくことが健康維持のために大切なのです。
高血圧は降圧剤が必要なレベルに達すると完治できません。
降圧剤を服用しながら生活していくことになるので、根本的な解決法は高血圧を予防する以外にないのです。
イライラは血圧を上げることが知られており、特に悪いのはテレビだと言われています。
確かにテレビは楽しい番組もありますが、多くはストレスが溜まる内容になっています。
テレビのニュースを見るとわかりますが、不幸な内容がほとんどでしょう。
視聴率を得るためには、不幸ニュースのほうが都合がいいというわけです。
これらは自分には直接関係ない内容であり、見ることでイライラや不安を増幅させて高血圧を招いてしまうことはあるでしょう。

高血圧を防ぐためには、テレビをあまり見ない対策が必要です。
特に就寝する1~2時間前は、テレビを見ないほうがよいでしょう。
イライラや不安を抱えたまま就寝しようとしても、寝つきが悪くなってしまいます。
寝つきが悪いと睡眠の質が低下するので、朝の目覚めも悪くなります。
あらゆる悪循環は関連性があり、肥満が脂質異常症や糖尿病、運動不足を招いて三大成人病のリスクを高めることは有名です。
健康維持のためには、ストレスを溜めないことも大切なのです。
そのためには、ストレスの原因を遠ざけることが大切となります。
テレビは役に立つ番組も放映しますが、心に悪影響を与える内容はそれ以上に多いのです。
就寝前はテレビを見ないようにして、不安要素を頭から完全に消してから床に入りましょう。